エチオピアには、世界中のコーヒーは1本の木から広まったとする"母の木伝説"というものがあります。アラビカ豆の原産地とされるエチオピア南西部のカファ地区にこの母の木は存在すると言われています。"カフェ"や"コーヒー""カフェイン"の語源は全てこの"カファ"にあるとされます。 また、高原でコーヒーの実を食べて興奮しているヤギを見て、ヤギ飼いのカルディがその実を食べてみたことでコーヒーが人々に広まったと言う"カルディ伝説"という説もあります。

コーヒー発祥の地エチオピアの中で、最初にコーヒーが発見されたと言われるKaffa地方の頭文字「K」を取り、ロゴに使用されています。

かつてエチオピア帝国皇帝の象徴として称えれていたのがライオンでした。TO.MO.CA.COFFEE創業者はエチオピアを代表するコーヒーという意味を込め「King of Kings」と言われるライオンをロゴとした。

TO.MO.CA COFFEEは、1953年に現トモカ社長ワンダンサン氏の父が、エチオピア・アディスアベバ市にイタリアよりコーヒー職人を呼び寄せ、イタリアの機械を導入し、コーヒー焙煎専門店としてオープンさせたのが始まりです。
当時、アディスベバの街では紅茶が親しまれ、コーヒーは各家庭内でそれぞれの焙煎と抽出方法で楽しんできたものでした。
そこで、TO.MO.CA.COFFEE創業者が焙煎機を導入し、焙煎した豆の販売を開始し、その味を知ってもらうために無料でコーヒーを振る舞いました。このことによって、コーヒーは家庭だけでなく、外出先(街)でも飲むことができるものとして認知されることとなりました。それからというもの、"外出先でコーヒーを飲める場所=カフェ"として「CAFFE TO.MO.CA.」と呼ばれるようになり、今では1日1店舗あたり2000杯ものトモカコーヒーが人々を魅了しています。

TO.MO.CA. COFFEEは以下の4種類の厳選された
エチオピア産アラビカコーヒー種がバランスよく使用されています。

Harrar

(ハラー)


最も歴史ある高級品種です。

Yirgachefee

(イルガチェッフェ)


モカ系としてその品質の高さから欧米諸国で絶大な人気を誇ります。

Sidamo

(シダモ)


標高2000mで育った香り豊で甘く酸味が少ない品種です。

Limu

(リム)


甘酸っぱいワインのような香りがある品種

TO.MO.CA. COFFEEは上質な生豆を最高の状態で
焙煎からパッケージングまで同一工場内で行っています。

日本国内の残留農薬分析期間にて、2014年2月26日、「輸入食品モニタリング487農薬」を分析したところ、
「全て不検出」との分析結果が出ていますので、安心してご家庭でお楽しみいただけます。

トモカコーヒージャパンへのお問い合わせは下記フォームより送信してください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

DISTRIBUTORトモカコーヒージャパン株式会社

COMPANY ADDRESS〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-15